黒沢健一 DI:GA掲載アーカイブ ~Banding Together~ 第1回

2017.01.1812:00

  • LINEで送る

黒沢健一

ちょっぴりシャイで、いつもあたたかな柔らかい笑顔で、時に少年のように、そして真摯に、たゆまぬ音楽への愛情を言葉にしてくださった黒沢さん。
DI:GAに遺してくださったそんな宝物のような言葉を、取材をして下さったライターさんによる新たな寄稿と共にお届けします。黒沢健一さん、素敵な音楽を、ありがとうございました。

-ディスクガレージ DI:GA編集部-

インタビュー掲載ページはこちら

黒沢健一 DI:GA 66号(2001年4月) 2002年4月(66号) インタビュー
ALBUM「B」・KUROSAWA KENICHI LIVE TOUR 2001「B-Me」


黒沢健一 DI:GA 2001年11月(73号) 2002年11月(73号) インタビュー
SINGLE「PALE ALE」・LIVE TOUR 2001「SOUVENIR」


interview/伊藤博伸

黒沢健一ほど、音楽が大好きで、その大好きなことに心底から熱を注ぐ人に、僕は出逢ったことがない。

音楽の話をする時の、口元に薄い微笑みを浮かべながら、まっすぐ相手の目を見て話す姿を、今でも鮮明に思いだすことができる。

15年以上前にインタビューしたアーカイブ記事を読み返して、思いだしたことがある。当時、目黒川沿いのオフィスで取材を終えた後のことだ。何気なく僕がアコースティックギターの話を切り出した時、黒沢の瞳が一瞬輝きを増したように感じた。

それはハワイ島のローカルなギターショップで買いそこねたマーチンのアコギの話だった。

「そのモデルはD-25の試作品として作られた名品で、数本しか存在していない貴重なギターですよ!」から始まり、その後も絶え間なく言葉を発し続けた。そして僕が買いそこねたことを、まるで自分のことのように悔しがってくれた。ひとのことでも自分のことのように親身になって考える。黒沢は、そんな人だった。

たがいに共通した好きなアーティストや音楽の話で盛り上がり、気づけば取材時間より時が流れていた。懐かしい想い出である。今頃は、その時に僕らの隣で優しく見守っていた編集のHさんと、空の上で音楽の話に花を咲かせているかもしれないな。

今、アルバム『Banding Together in Dreams』を聴きながら、黒沢健一の存在を噛みしめている。最後の曲「Goodbye」で、〈季節が巡る頃 また何処かで出会うだろう〉と歌うように、現実の世で再び出会うことはできないが、黒沢が遺してくれた音楽を通して出逢うことはできる。

たくさんの素敵な音楽を遺してくれた黒沢健一に、音楽が大好きな人たちを代表して、感謝したい。

合掌
ライター・伊藤博伸

L⇔R LIVE at BUDOKAN "Let Me Roll It! Tour 1996" 予告編

L⇔R "REMEMBER" short ver.

Looking for the Places / 黒沢健一

RELEASE

L⇔R
CD「Remastered Albums in Ultimate High Quarity CD in Stores」

[発売元]POLYSTAR/ポニーキャニオン
NOW ON SALE

LIVE DVD「LIVE at Budokan “Let Me Roll It! Tour 1996″」
[発売元]ポニーキャニオン
NOW ON SALE

L⇔R唯一のMV集再発売!
「PV+」

[発売元]ポニーキャニオン
3月15日(水) SALE

黒沢健一ソロアルバム再発決定!
「first」「B」「NEW VOICES」

[発売元]ポニーキャニオン
※仕様:UHQCD
3月15日 SALE

MOTORWORKS[石田ショーキチ(Scudelia Electoro)、黒沢健一(L⇔R)、田村明浩(スピッツ)、サンコンJr.(ウルフルズ)]
「COMPLETE BEST」

(Dreamusic)
4月26日(水) SALE