LiVE is Smile Always~NEVER ENDiNG GLORY~「the Sun」11/26(土)横浜アリーナ ライブレポート!

2016.11.2919:00

  • LINEで送る

lisa_top

2016年11月26日(土) 横浜アリーナ
●Report:武市尚子
●LIVE PHOTO:hajime kamiiisaka

2016年11月26日。LiSAは、横浜アリーナのステージに立った。“念願の”と書きたいところだが、たぶん、LiSAが歌を歌い始めた直後の頃は、きっと具体的に横浜アリーナで単独公演を行うことなど、夢のまた夢過ぎて、想像できていなかったに違いない。その頃のLiSAの念願の場所と言えば、オーディション会場でもあったという日本武道館だ。彼女は、そこにいつか帰って来たいと心に誓い、2014年の1月に“念願”だったその場所で単独公演を行い、その夢を叶えた。しかし。自分の中で100%納得することができず、悔しい想いを残すことになり、翌2015年に行った2回目の武道館公演で、彼女はリベンジを果たしたのである。

まさに。LiSAの2014年は、ライヴごとに、“2014年の武道館に対するリベンジ”がつきまとっていた。そう。戦いの1年でもあったと言ってもいいだろう。当時の彼女は、もちろん、楽しそうにライヴをしていたが、“いつもファンのみんなに助けられている。なんとか自分がみんなを幸せにしなくちゃ!”と、なかなか自分を認めてあげることが出来ず、いつもいつも自分を責めていたように思う。

しかし。翌2015年の武道館で、しっかりとリベンジを果たしたその時から、本当の意味で彼女自身がライヴを楽しみ、本当の意味で彼女はファンのみんなを幸せへと導けるようになり、想像もしていなかった富士急ハイランド、幕張メッセという未知の世界でのライヴを成功させる度に、“武道館での単独公演”だった目標が、その先へとどんどんと広がっていった気がしていた。

きっとLiSAは、日本武道館公演を果たすまで、“そこ”しか見えていなかったと思うのだ。しかし、彼女の中で、夢が徐々に現実のものとなっていった現在、今回の横浜アリーナ2days公演は、初めての場所ということでの緊張はありながらも、LiSA自身の中に、しっかりと“楽しむ準備”が出来ていたように思う。

初日となった26日は、今回のライヴタイトルであった“〜NEVER ENDiNG GLORY〜”のお話から幕を開けた。真面目で慎重な姉のMoonと、活発で楽天的な妹のSunが言い争うシーンから始まった。双子でありながら、性格が全く違う2人は、ある日、些細な言い争いをきっかけに家出をしてしまう———。

26日はSunの行方を追ったSunサイド「the Sun」として、「コズミックジェットコースター」からライヴはスタートした。ロックなイントロを持つこの曲が鳴り響き、LiSAが“横アリ〜!”と叫ぶと、フロアからは轟音のような歓声が沸き上がった。オーディエンスが掲げるペンライトでピンクに染上げられた客席は圧巻だった。

lisa_live7
lisa_live4

Sunの性格にピッタリな始まりと、“最高に楽しんで行きましょう! ピース!”というLiSAのいつもの挨拶代わりの合い言葉に、オーディエンスが全身の力を振り絞った声で“ピース!”を返すと、2曲目に用意されていた「Rally Go Round」が始まった。メインステージの上手から下手へと全力疾走で歌うLiSAのパフォーマンスに最高のノリを見せるオーディエンス。そんなオーディエンスを“よくできましたっ!”と労うLiSA。最高のコンビネーションである。「say my nameの片想い」を歌いながら花道を通ってセンターステージへ。LiSAは、パッチワークの衣装を翻しながらクルクルとまわり、最高の笑顔を見せた。

lisa_live5

センターステージでオーディエンスに囲まれながら「say my nameの片想い」を歌い終わったLiSAは、スタンドマイクを持ったままメインステージまでダッシュ。メインステージから、ピンクで埋め尽くされた会場を改めて見渡して、“ワァオっ!”と、嬉しそうな声を上げた。そんなLiSAのちょっとした仕種も、思わず口走る言葉も、何もかもがナチュラルで微笑ましくなる。

「やって来ちゃったね!! LiSAです! これ見て! すごくない!? いままでいろんなイベントでこのステージには立たせてもらってきましたけど、こんなにいっぱいな横浜アリーナを見たのは今日が初めてです!」(LiSA)
と、改めて喜びを噛み締めるLiSA。

「今日day1「the Sun」にいらっしゃったみなさんは、ドSがお好きということでよろしいですか? ドSに楽しみたいということでよろしいでしょうか? ドSが好きってことは、ドMってことやからね! ってことは、恥ずかしいこともやってくれるってことでしょ? めっちゃ楽しみやわ〜!」(LiSA)
と、「エレクトリリカル」の振り付けを伝授。サビのビヨーンビヨーン・ツンツンツンツンな振り付けで盛り上がるオーディエンスを最高の演出にしつつも、オーディエンスを手放しに楽しませていたと言える時間を届けたLiSA。間奏でのピアニカも確実にグレードアップしていたのだった。とびきりキュートな声色で歌うこの曲から、LiSAは、5曲目に届けた「ANTIHERO」のイントロでピンクのラメギターをかき鳴らすと、イメージを一変させた。歌声も、「エレクトリリカル」で魅せたキュートさとは別人かと思うほど、トーンを落としたダミーな歌声へと舵を切った。ここからは、MCでオーディエンスに予告したように、とことんドSに攻め立てていったのだった。

lisa_live6

「行きますか?」(LiSA)
と、間髪入れずに「DOCTOR」へと繋げたLiSA。ドMにはたまらない挑発ナンバーだ。真っ赤なライトに包まれながら、妖艶な目つきで「L.Miranic」を歌うLiSAに、ロックヴォーカリストの姿を見た。
MoonとSunがずっと、いつも一緒に過ごし、共に育ってきたことを思わすナチュラルな映像が流れ、場面は移っていった。

「僕の言葉で」からのブロックでは、真っ赤なドレスに早着替えし、柔らかな歌声で、“言葉”を届ける歌を歌った。

lisa_live1
lisa_live2
lisa_live8

中盤、モモコの案内で占い師シャンウェイの元へとやってきたLiSAは、喧嘩して絶交したMoonを想い、Moonに会いたいと心から思うのだ。そして、【心の願う場所へワープ出来る自転車】に乗り、Moonの元へと向かうのだった。

【そうだよ一個だってゆずらないで もう一歩だって迷わないで 最高の君を見せてね】

そう歌われる「ジェットロケット」で、ライヴは再開。この曲のこのフレーズを、迷わず歌えるようになった今のLiSAは、迷わず精一杯オーディエンスに歌えている。心からライヴを楽しめている。そう思った。

そして。なんと、「ラブリーデイ」で、LiSAは、2年前から“自転車で空を飛びたい!”という夢を叶え、メインステージからセンターステージまで、【心の願う場所へワープ出来る自転車】で空を飛んだのだった。なんと、この「ラブリーデイ」は、ライヴで自転車に乗る日を夢見て歌詞を“Cycling now!!”にしたのだと言う。まさに、そんなLiSAの夢が、またひとつ叶った瞬間でもあったのである。
LiSAは、このセンターステージで、オーディエンスの作るウェイブが見たいと、オーディエンスにリクエスト。しかし……。

「ん〜。成功したのか解らんけど、ま、いっか!」(LiSA)
と、後半戦へと繋げたのだった(※27日のライヴレポートで後半戦を詳しくレポートしています)。

この日のアンコールでは、2月15日にリリースされる新曲「Catch the Moment」(「劇場版 ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-」主題歌)を披露し、2017年の6月17日神戸ワールド記念ホール、6月24日・25日さいたまスーパーアリーナ、7月1日名古屋ガイシホールをまわる、アリーナツアーを発表したのだった。

そして。LiSAは、最後に夏曲の「halo-halo」を届け、ラストに「best day,best way」を贈り、メンバーを紹介し、初めてのステージを一緒に作り上げてくれた感謝と共に、今日を一緒に楽しんでくれたオーディエンスに“自分自身に大きな拍手を——”の言葉を残したのだった。

そんな感動的なMCの中に、“ウェイヴを失敗したことは忘れません(笑)!”と付け加えていたのが、まったくもってLiSAらしくキュートだったことも、付け加えて記しておこう。

lisa_live3
 

『LiVE is Smile Always 〜NEVER ENDiNG GLORY〜「the Sun」』
2016.11.26(土)横浜アリーナ
セットリスト

01. コズミックジェットコースター
02. Rally Go Round
03. say my nameの片想い
04. エレクトリリカル
05. ANTIHERO
06. DOCTOR
07. L.Miranic
08. 僕の言葉で
09. 変わらない青
10. ツヨガリ・ファンファーレ
11. ジェットロケット
12. ラブリーデイ
13. BRiGHT FLiGHT
14. confidence driver
15. rapid life シンドローム
16. Brave Freak Out
17. She
18. Rising Hope
19. Hi FiVE!
20. 終わらない冒険
Encore
01. Catch the Moment
02. halo-halo
03. best day, best way

1 2

LiVE is Smile Always~LiTTLE DEViL PARADE~

2017年6月17日(土)神戸ワールド記念ホール
2017年6月24日(土) 25(日)さいたまスーパーアリーナ
2017年7月1日(土)日本ガイシホール
2017年3月25日(土) SALE

FCサイト「リサラボっ。」にて最速チケット先行受付中!
(スマートフォン専用)

関連リンク

RELEASE

11th Single「Catch the Moment」
2/18(土)より全世界で公開の「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」の主題歌!
2月15日(水) Release!
 
※初回生産限定盤(CD+DVD)、期間生産限定盤(CD)、通常盤(CD)
※「初回生産限定盤・通常盤」と「期間生産限定盤」はCDの収録楽曲が異なります。