及川光博、ワンマンショー・ツアーのキーワードは「ギラギラ」!?その展望を語る!

2017.01.0618:00

  • LINEで送る

及川光博

インタビュー/長谷川誠

2016年はポップスのときめきとファンクのスリルを融合させたロマンチックなアルバム『パンチドランク・ラヴ』をリリースし、さらにそのアルバムを軸としたカラフルなツアーを展開して、全国各地でキラキラした空間を作り上げたミッチー、こと及川光博。2017年は彼のルーツ・ミュージックであるファンクをより全面に押し出した音楽活動となりそうだ。キラキラからギラギラへ。今春のツアーに向けて、そんなキーワードも飛びだした。

──2016年はどんな年になりましたか?

よくがんばりました(笑)。どうせなら楽しもうっていう心構えで目の前の課題をクリアしていった年でした。ライヴやドラマ出演はもちろん、想像もしてなかった賞をふたついただき(メガネ ベストドレッサー賞とベストフォーマリスト賞)、想像もしなかった生放送の司会にもなり(『ハロウィン音楽祭2016』のメインMC)、ひとつひとつを楽しもうとしたし、ベストは尽くしました。

前作がキラキラしていたとしたら、今回はギトギト、メラメラしたものになるんじゃないかな。

──現在、春リリース予定のアルバム制作中とのことですが、どんな作品になりそうですか?

前作『パンチドランク・ラヴ』で思いっきりポップスに振ったぶんだけ、今回は僕の音楽的な核にあるファンクを押し出していこうと思っています。前作がキラキラしていたとしたら、今回はギトギト、メラメラしたものになるんじゃないかな。

──及川さんのルーツ・ミュージックであるファンクがさらに全面に出てくるわけですね。

プリンスが天に召されたことも大きかったし、夏休みにビルボードライブ東京で観たラリー・グラハム&グラハム・セントラル・ステーションにしびれたことも大きかったですね。あのラリー・グラハムがベースを弾きながら2階から登場して、僕の目の前を通っていったんですよ。ファンク大会が最高でした。プリンスの追悼コーナーもあって、『Baby I’m A Star』や『Alphabet St.』など、カバーしてくれて。『Purple Rain』では条件反射的に涙が出てきました。

──プリンスは及川さんが多大な影響を受けたミュージシャンですもんね。

思い起こせば、デビューアルバム『理想論』のジャケットで脱ごうと思ったのも『Lovesexy』というアルバムのジャケットの気味悪さにインパクトを感じたから。とりあえず気味悪がられてみようかって(笑)。それがプロとしてのスタートでしたから。

──プリンスからの影響は様々な面で受けていると思うんですが、特に大きかったことは?

プリンスからもらった最大のものは“踊れるデカダンス”ですね。そこに憧れたし、強く強くシビレました。プリンスはモーツァルト的ってよく言われるけれど、猥雑でありながらきれいなんですよ。下品スレスレなんだけど、低俗ではない。つかみどころのないところも好きだし、セクシーさについてもたくさん学ばせていただきました。奇人変人扱いされたりもしたけど、最終的には誰もがプリンスのストイックさを賞賛したわけで、創作への姿勢も素晴らしい。僕も自分のやりたい音楽、本質的なものをやれるうちにやっておくべきだなと思いました。

やっぱり踊りたいんですよ。体が気持ちいいと感じるリズムを重視した音楽に身をゆだねれば、それがダンスになり、祭りが生まれるわけですから。

──本質というと?

リズムですね。グルーヴを強調した音楽。やっぱり踊りたいんですよ。体が気持ちいいと感じるリズムを重視した音楽に身をゆだねれば、それがダンスになり、その場にいる人々がみな同じリズムで体を動かしていけば、祭りが生まれるわけですから。

──2016年はプリンス以外にも、デビッド・ボウイ、モーリス・ホワイト、森岡 賢さんなど、音楽的な影響を受けた方々が相次いで亡くなられました。

悲しいことは悲しいし、道しるべを失ってしまった喪失感もあるけれど、受けた影響や、僕が一方的に学んだことは消えないと思ってます。幼い頃から触れてきたあらゆるミュージシャン、あらゆる表現者が生み出した文化が今の僕を形成しているわけだから、心の引き出しに大切にしまって、自分なりのオリジナリティを確立していきたいですね。

──2016年は音楽番組『Good Time Music』のMCも務められて、ゲストのミュージシャンの方々とトークする機会も多かったと思いますが、そのあたりはいかがでしたか?

出演してくださったミュージシャンの方々も、それぞれ自分なりのミクスチャーを作っているわけだから、個性的であって当然だし。だから毎週刺激も受けるし、共感したり納得したりってところで出会いの喜びもあるわけで。音楽について語るのはやっぱり楽しい。そういう機会は大切にしたいですね。

1 2

及川光博ワンマンショーツアー2017

3月30日(木)戸田市文化会館
17:30 開場 / 18:00 開演
4月8日(土)オリンパスホール八王子
17:30 開場 / 18:00 開演
4月29日(土・祝)市川市文化会館 大ホール
17:30 開場 / 18:00 開演
3月5日(日)SALE

TBS系ドラマ 日曜劇場「A LIFE〜愛しき人〜」出演!

1月15日(日)夜9時スタート!
http://www.tbs.co.jp/ALIFE/

関連リンク

RELEASE

Blu-ray/DVD
及川光博ワンマンショーツアー2016
「Punch-Drunk Love」

(株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)
NOW ON SALE
※画像は通常盤

>>> 今春ニュー・アルバムリリース予定!